iPhoneでマクロン付き文字を打って出現させる方法だよ!

この記事は1分で読めます

我々の生きるこの時代はマクロンに囲まれているのであります。
だからこそ、マクロンたちと対峙しなければならないってのに、意外と打ち方わかってないのよね。

それじゃ、このグローバル時代にゃ生き残れない。

なので、先日Macからマクロン付き文字を打つ方法なんぞ書いてみたところ。

でもこれはMacとGoogle 日本語入力のおはなし。

Macなどという古代マヤ文明時代の機器なんて誰も使っていないかもしれないぐらいかもしれないので、今回は世界の10割の人が使うiPhoneでのマクロン付き文字の打ち方でも書いておきましょうっておはなし。

「マクロン」とか打ってみる?

とりあえず、「マクロン」とか入力してみると、、、

でねーよ。

MacOSもiOSも純正IMは使えないことこの上なし。

では、出しましょう

iPhoneなんてものは、舶来物なんだから日本語でどうこうしうようというのが間違い。
結局、Engrishキーボードから素直に打とうってわけです。

ということで、下の地球アイコンを長押しして「English(Japan)」キーボードに変更しましょう。

変更後、例えば「Ā」を出したくてたまらなくなったら、「A」を長押しすると、マクロン出てくる!

あとは、そいつをタップすれば、晴れてマクロン人生!

Google日本語入力でいってみよう

Google日本語入力をインストールしている場合は、もう少しかんたん。
キーボードが一つしかないからね。

マクロンと打つと変換候補に出てくるのですよー。

「まくろん」って打つのがめんどいという噂が無きにしもあらず。

おむすび

打ち方さえわかればなんてことはないのであります。

結局、わざわざキーボード切り替えを選択するか、わざわざ「まくろん」と打って表示させるのを選ぶか。。。

辞書登録しておけば早いかもしれないけど、そもそもそこまでの頻度で使うわけでもないからねぇ。

ということで、お好きな方法でお打ちくださいませ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。