Googleスプレッドシートで金額を千円単で表示せよ!

この記事は1分で読めます

スプレッドシートでさくさく表を作っててやっぱり千円単のほうがいいよねー。
なんて思ったりするほど、千円単ってある程度需要があるもん。

でも、どうやって千円単を設定するのかなんてことは調べればわかると言っても調べてくれる人はそうそういない。

ってことで、今回はGoogleスプレッドシートで千円単を実現しましょうっておはなし。

設定箇所

千円単を実現させたいセルを選択して、「123」をクリックし、「表示形式の詳細設定」から「カスタム数値形式」を選択

カスタム数値形式のウィンドウが開くので、そこに数値形式を入力して、適用すればOK

設定しましょ

基本路線はこちら。

#,”千円”

【解説】
「,」で三桁あるんだよーってことを示して、最後に”千円”をつけることで、千円単を実現
千の位以上の数字を表示させるために「#」を先頭に流し込む

この2つの手順で千円単を実現させるのであります。

ちなみに、「#」「0」「?」の違い
千円以上に数字があればいいけど、なければ表示がかわりますぞ。

さてさて、ここからさらに千円単(100万単位以上表示)でカンマを入れたいなら、

#,#,”千円”

おむすび

注意点としては、千円未満が四捨五入されちゃうこと。端数が微妙にずれたりするので、自分でうまく調整してね。

四捨五入の問題はあるけれど、自動で入力できるので、楽っちゃ楽じゃないかしらね。

っていう感じで、美しい魅せる表を作成していきましょうっておはなし。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。