Android版主要ブラウザでサイトがSSL化されているかどうかを確認する方法

この記事は1分で読めます

ネットショップも増えたし、Googleも推進しているしで、SSL化されたサイトをよく見るようになりましたな。

Xserverとかなら無料でできるようになったもんだし、いまから立ち上げるなら、SSLサイトで始めるってもんですわな。

でも、まだSSL化していないサイトもおおいってことで、このサイトはどうなのかな?と確認したいってこともあるかも・・・しれない。

ということで、サイトがSSL化しているかどうかをAndroidの主要ブラウザで確認する方法を書いていきますぞ。

基本的な表示

SSL化されたサイト

鍵マークとともに、URLの先頭に「https://」が見えるようになっている。

【Chrome】

【Firefox】

【Edge】

基本は同じなので、わかりやすいですな。

SSL化されていないサイト

鍵マークは無くって、URLの先頭に「http://」が隠されている。

悲しいですね。

SSL化されたサイトは、URLに「https://」が表示されるので、保護されているかどうかなんて間違いようがない。

そのため、URLがいきなりドメインから始まっていたら、SSL化されていないサイトだって覚えておけばよいかと思う。

Chromeで他の方法で知る

Chromeはもう一つ方法が隠されているので、そちらも知っておきましょう。
知る意味があるかは微妙なところだけれど。

「右上の三点」をタップ 

 「i」のアイコンをタップしてみましょう。

これで保護されているか、されてないか、が表示されますぞ。

保護されている場合(SSL化サイト)

保護されていない場合(未SSL化サイト)

おむすび

まぁ覚えておいて損があるわけではないけど、得もないかもね。

このブログをSSL化しない自分への戒めのために書いてみましたわ。

お客さんのサイトはSSL化するけど、いざ自分のをやろうとすると、ひじょーにめんどいのよね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。