Androidのキーボードのアルテ日本語入力(旧on mozc)を使うのであります

この記事は2分で読めます

(現 アルテ日本語入力、旧 アルテ on Mozc)
スマホキーボードアプリ「アルテ on Mozc」

 
「爆速入力!」が魅力らしいので、ちょっとやってみたいというのが人情。

 
で、インストールして、ちょこちょこ書いてみると・・・。 
やっぱり最初は、超絶苛々!!

 
入力は、グーグルと同じ方向性という今までの流れをくみつつ、ちょっとした動きで、濁点、拗音、促音がすぐに打てるという仕様がいいよね!

良いとは思えども

このキーボードは、アリだとは思う。

 
どうやって濁点とかが打てるかは、濁点などがつけられる平仮名を入力すると、濁点の「入力方向」表示されるので、考えることもないのが良いのよね。

 
ば → 「は」から右上

び → 「は」から左、左から下

ぱ → 「は」から右上(一度「ば」にする)、右上から左上

ゃ → 「や」から右

うん、たしかに簡単、らくらく、さくさく。

 
でも、そのとおり打っても、そうならないことがあるのがイヤ。

特に「い行」の濁音の反応が、いまいちやりづらいのはどういうことなのか。

 
「びんびんだぜ」とか微妙に打ちづらいわー。

 

最大効力はこっちか?

このキーボードの最大の特徴としては、「ひょう」とかが最強に打ちやすいというもの。

 
というのも、「ひ」を入れたら、「ゃゅょ」が表示される仕組みなので、そこも一気にやっつけられる。
そして、「ゃゅょ」を入力すると、今度はそのまま「う」が入力できる仕組み。


一筆で三文字書けるという仕組みは、非常にいいよね!

 

結局のところ

これがうまく打てるようになれば、早くなりそうな予感はある。

 
でも、今までの入力方法に慣れてしまっているので、ゆっくり確認しながら打たないと、今までどおりの打ち方に戻ってしまうのが難。

濁点とか、ぽちっとタップしてしまってから、「あーそのまま打てたんだった!」と思い出すような感じ。。。

 
あとは、打ち間違えると、修正が聞かない時があるのが謎。

そこらへんってどうなのかな、仕様なのかな。
別にいいんだけど。

 
とりあえず、問題はなさそうだし、このまま使い続けてみようかなぁというところ。
より早く打てるようになれば、それはそれで良いしね。

 
まぁなんちゅーか、ATOKよりは良いと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。