フレンズ(FRIENDS)のドラマ内で使用されている歌や曲を集めてみた(シーズン2)

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク

フレンズを見ていると、いろいろと曲が流れるので、どんな曲なのか探して、まとめてみました。

 
ただし、なんとなくながら見をしていて、「あっ曲が流れている」と思ったときに書き留めているので、網羅されているかどうかは自信なし。
曲情報などが正確かどうかについても保証なしというのを前提でどうぞ。

抜けているのに気がついたら追加していきます。

ちなみに、”Amazon Prime (unlimited)”と”Spotify”でも探してみているので、掲載されているものは結果を載せていきますぞ。
(以上定型文であります)

 
今回は、シーズン2。

シーズン1の多さに大変さを覚えつつも、やってる本人は、なかなか楽しいので継続していきますぞー!

 
それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

シーズン2

第1話

◯チャンドラーが服を仕立ててもらうのに、股下の長さを図ってもらうシーン
 オペラとか幅広くつかってくるね・・・。
 AmazonPrimeのアルバムでhighlightがあるので、それがわかりやすいかと。

曲名 Rigoletto (第一章)
歌手 Julie Andrews

物語を見たいならこちらをどうぞ。2時間ありますが・・・。

※amazon prime、Spotify

第4話

◯ジュリーと”やった”翌朝のロスの浮かれ気分のシーン
 ロスの浮かれ具合が、まさにこの曲どおりですな。
 雨を降らせてもよかったのにね。

曲名 Singin’ in the Rain
歌手 Gene Kelly

映画の場面はらこちら。

※amazon prime、Spotify

第5話

◯ロス、チャンドラー、モニカが”Hootie and the Blowfish”のライブにやってきて、演奏が始まったシーン
 どういうわけで、この曲を使ったのかしら?よくわからない謎。

曲名 I Go Blind
歌手 Hootie and the Blowfish

※ライブしか探せず。。。

この曲の元は”54-40″というバンドさんの曲。まんまカバーですわ。

※Spotify(どっちもあり)

第6話

◯フィービーのライバル?ステファニーがセントラルパークで歌っているシーン
 ステファニーはイギリスのThe Pretendersというバンドのボーカルさんで、本当のお名前は”Chrissie Hynde”。
 The Pretendersでのこの曲の発売が1994年なので、ここで歌ったのかなと想像。
 良い曲だとは思うけど、この曲が世に出た当時とハインドさんが歌っている時代では解釈が違うような気がする。

曲名 Angel of The Morning
歌手 THhe Pretenders (元歌Merrilee Rush)

The Pritenders版

元曲はこっちかな?

※Amazon unlimited、Spotify(どっちもあり)

第7話

◯モニカトレーナーのもとでチャンドラーがダイエットするシーン
 言わずもがなな有名曲。結構ベースかっこいいのよね。

曲名 Macho Man
歌手 The Village People

漢たちを見たいならこちら(8分という5分版と3分版のあわせ動画があったので存分にどうぞ)

※Spotify


スポンサーリンク

第8話

◯ロスがレイチェルに謝るためにラジオ局にリクエストした曲が流れるシーン
 いまいち歌詞の意味がつかめないけど、シーンにはあってると思うので、多分そういう意味合いなんだろうなと。
 実際のところ、うーうー言ってるとこが聞きたいのだけれどもね。

曲名 With Or Without You
歌手 U2


※amazon Prime、Spotify

◯ロスがレイチェルに謝るためにラジオ局にリクエストした曲が途中で切られ、次のリクエスト曲に移ったシーン
 元歌はBeach Boys。こっちの方がいいかなぁと思う。
 
曲名 In My Room
歌手 Grant Lee Buffalo


※amazon Prime、Spotify

Beach Boys版

※Spotify(どっちもあり)

第9話

◯チャンドラーとジョーイを車に待たせつつ、フィービーが父ちゃんに会いに行きそうで行かないシーン
 劇中は、クリスマスだからね。良い雰囲気と切ない雰囲気を出せる感じの曲がいいよね。
 
曲名 Chestnuts Roasting On An Open Fire
歌手 Nat King Cole


※amazon Prime、Spotify

第11話

◯キャロルとスーザンの結婚式のシーン
 ロスにとっては、きつい曲な気がしないでもないんだけど。。。シーンにはあってるんだけに、なんとも切ない。
 とりあえず、さんはい! どぅびぃどぅびぃどぅ〜

曲名 Strangers in The Night
歌手 Frank Sinatra

※amazon Prime、Spotify

第12話

◯マルセルとの再開のシーン
 シーズン1に引き続き登場であります。

曲名 The Lion Sleeps Tonight
歌手 The Tokens

※Amazon Prime、Spotify

第13話

◯ロスとマルセルが二人(?)一緒に、つかの間の休息を過ごすシーン
 感動の再開から別れへとつなげて切なくさせる。そして、そんな曲を選んでくる。。。
 フレンズは切なさが裏テーマじゃないのかしら。

曲名 Looks Like We Made It
歌手 Barry Manilow

※Amazon Prime、Spotify

第15話

◯チャンドラーとジョーイがリクライニングシートに座り続けているのをフィービーに咎められているテレビの番組を切り替えて歌が流れて、フィービーも虜になるシーン
 もともとは”Xanadu”という映画だということなので、映画を探してみるも、ネトフリ、Hulu、AmazonPrimeにはないので断念。レンタルならあるのかもだけど、DVDとか・・・。
 YouTubeにあるのは、フレンズ内で使われているPVと同じですな。

曲名 Xanadu
歌手 Olivia Newton-John

※Amazon Unlimited、Spotify

◯レイチェルとロスがプラネタリウムが輝く部屋の中で結ばれるシーン
 歌詞がシーンとマッチしているのがいいよね。
 エロエロな感じなのも手伝って、このシーンを盛り上げる。最高です。

曲名 Wicked Games
歌手 Chris Isaak

スポンサーリンク

第17話

◯ジョーイがチャンドラーと別れて住み始め、お互いの部屋でお互いがいない寂しさを表すシーン
 切ない・・・、けど、選曲はばっちりよね。
 こんな切ないシーンでも、ちゃんと笑わしてくれるのがありがたい。雨のシーン最高。

曲名 All By MySelf
歌手 Eric Carmen

※AmazonPrime、Spotify

第21話

◯モニカがついに働くことになったコスプレカフェで、従業員みんなでダンスするシーン
 ビレッジピープルの曲が、マッチョマン以降2回目の登場。素晴らしきw
 良い曲なのかな?ノリが良いから楽しいのだけど、難しいところ。。。

曲名 YMCA
歌手 Village People

※AmazonPrime、Spotify

第24話

◯レイチェルがバリーの結婚式に参加して、バリーの一言に吹っ切れて、Speech&Sing のシーン
 結婚式で歌うには、なかなかキツイ歌ですがw
 生バンド良いよなぁ。久々に演奏したいなぁ。キーボードのオファー求む。

曲名 Copacabana
歌手 Barry Manilow

※AmazonPrime、Spotify

 

まとめ

やっぱり使われている曲は多い。
というか、ついでに他の曲を続けて聴いたりするもんだから、余計に時間がかかる。

でも、結局楽しいよね。

 
 
しかし、AmazonPrimeは使い勝手が悪すぎやしませんかね・・・。

 
 
ということで、シーズン3へ続きますよー。

みなさま”FRIENDS”を楽しんでね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク