アンドロイドのイコライザー系アプリを比較してみる!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

わたくし「イコライザー&ベースブースター」というアプリを使ってます(使ってました)。

ということは、先日記事で書いたところ。

【前記事】アンドロイドでもEQアプリでお手軽音質アップ!

一応オススメは、この「イコライザー&ベースブースター」としようかなと思ったんだけれども、切り替え強制広告が気になるし、ほかにもいろいろとイコライザー系アプリが出ているので、今回は、いろいろインストールしてみて、使い勝手の良いものを探してみますぞ!
(EQのかかりはそんな変わらないし、聞く環境でも結構違うと思うので、使い勝手メインであります。)

スポンサードリンク

今回のラインナップ

今回のラインナップ「プレイストア内のアプリ名[表示アプリ名]」

・低音ブースター [Bass Booster]
・音楽イコライザー [Music Hero EQ]
・Musicイコライザー – ベースブースター、ボリュームブースター [Bass EQ]
・イコライザー Equalizer FX [Equalizer FX]
・イコライザー Equalizer Pro(フリー) [Equalizer Pro]
・音楽イコライザー低音ブースターとボリュームブースター [Music Volume EQ]

まだまだたくさんあるけど、プレイストアで上位表示されているアプリで、フリーのモノとしてます。

Bass Booster

Bass Booster
パネルは、1画面にまとめてあって、シンプルなのが良い感じ。

しかし、「今は音楽聞かないからEQをオフにしましょう」ってオフにすると、広告画面に切り替わり、それが動画広告だった場合、爆音となるので、なんとなく触ってて、うっかり公共交通機関内で大音量をやらかさないよう気をつけましょう。

ちなみに、設定(メニュー)の「Theme」でスライダーなどの色を変えられるのが、ちょっと好き。

強制広告さえなければ!といったところ。

Music Hero EQ

Music Hero EQ
エラーが多い?という印象。

あっしの身に起こったエラーは、

広告中にアプリを切り替えたらフリーズ(画面真っ暗)
マルチタスクでアプリを終了させたら、通知画面に残り続ける(端末再起動でようやく消える)

という感じ。

操作性とかは悪くないんだけど、画面が小さめなことは残念。
そして、強制広告への道が多すぎるのが、さらに残念。

Bass EQ

Bass EQ
一般的なパネルなので、操作感は悪くないですぞ。

特筆すべきは、リバーブ機能(Room・Hallなどのお部屋設定)付き。
でも、別に「None」、つまり設定無しでよいかと・・・(せっかくの個性を潰す発言)

こちらも「EQ/Volume」画面切り替えで、広告画面に切り替わるので、爆音・周辺注意です。


スポンサードリンク

Equalizer FX

Equalizer FX
見た目シンプル。
広告画面移動もなし。

横にスワイプで、EQ/FX/プリセットの画面に移れるのが良いね!
なんだけど、ブースト系のスライダーが、なぜか横に動かすタイプなので、意図せず画面が切り替わるという切なさ。

うーん、スライダーは縦にしてくれ。

でも、ラウドネス機能とかもあるので、悪くはない!
悪くはないんだけれども、スライダーは縦にしてくれ(2回目)。

Equalizer Pro

Equlizer Pro
「Equalizer FX」と作りは似た感じで、機能が少ない版といったところ。
そして、「Equalizer FX」を、より操作しづらくした版といったところ。

スライダーがスライドしてくれないという、使ってみればわかる、このいらいら感。
そういう意味では、是非、お試しいただきたい。

せっかくの10バンドで勝負したというのにもったいないなぁ。
(右にスワイプさせるか、画面を横にすれば、隠れてるとこが見えますぞ)

オレはより細かいセッティングがしたいんだぜ!というなら、今回の中ではこれ一択。

Music Volume EQ

Music Volume EQ
プレイストアでの名称は「音楽イコライザー低音ブースターとボリュームブースター」となっているものの、アプリの表示名は「MUSIC VOLUME EQ」とあっさり。

広告があっさりしているのも、ありがたい。

あっさりしているのは、機能もなのかと思いきや、基本機能のほか、ボリューム調整可能で、かつ、ラウドネス機能があるので、上品にボリューム調整ができる点が良し。

今回のオススメにしておきます。
(あっしもこれに乗り換えております)

まとめ

結局は広告の使い方が使い勝手の良し悪しに関わってくるという印象。

画面切り替えといった操作をすることでの強制広告というのは、やめて欲しいな。
意図せず爆音となってしまうのは、ほんと勘弁です。
アプリを起動して、強制広告フラグが立ったら、一定時間出ないかなっていう感じではあるけどね。
(出まくるのもあるけど)

一応アプリの機能の違いなんかを表にしておきます。

アプリ名音量調整EQ-BANDプリセットBASS
BOOST
3D
VIRTUAL
Music
アプリ連動
Bass Boosterなし5ありありありなし
Music Here EQあり5ありありありあり
Bass EQあり5ありありありあり
Equalizer FXなし5ありありありなし
Equalizer Proなし10ありありありなし
Music Volume EQあり5ありありありあり

実際のところ大きな違いはないと思うので、操作性で選びたいというところ。
ということで、おすすめ一位は「MUSIC VOLUME EQ」で、次点で「Equalizer FX」という感じ。

それなりにダウンロードされているものを選んだので、マルウェア的なものは無いとは思うけど、関白宣言的な感じで「ま ちょっと覚悟はしておけ」。

往々にして、EQをちまちまといじってもなんとなく物足りないので、一緒になっているブースト系(FX)も使うといいね。
ヘッドフォンやイヤホンにもよるとは思うけど、一度ブースティングすると、もう戻れないわ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク