【エクセル効率化】エクセル搭載のスクリーンショットの使い方を知れば手間が減るのかも!【Win・Mac共通】

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

エクセルの機能として搭載されている「スクリーンショット」

その存在すら知らない人も多い。

というか、スクリーンショット自体をしらないひとも多いが。。。

今回、このスクリーンショットについて書いていきます。

スポンサードリンク

スクリーンショットの撮り方

エクセルを開いて、[挿入]→[スクリーンショット]と進み、撮りたいウィンドウを選択するか、範囲選択をするとスクリーンショットが撮影される。

Win版はこちら

Mac版はこちら

すると、エクセルのシート上にスクリーンショットが自動的に貼り付けられます。

ちなみに、選択しているセルのところにスクリーンショットの左上が来るように貼り付けられます。

問題点というか留意点

スクリーンショットは

Win・・・影なし
Mac・・・影あり

となっております、。

Appleさん、いい加減に影付きをデフォにするのやめません?

で、Macのスクリーンショットで影を消すのは、[option]キーを一緒に押すだけど、これが利かない・・・。

となると、Mac版Officeにスクリーンショットを自動的に組み込む場合、影付きとなるため、トリミングをして、影の部分を削除する手間が必要かと思う。

だったら、Mac版は普通にスクリーンショットを撮ったほうが良いよね。

Windowsだと、影がないので、Office内スクリーンショットの方が使いやすいと思う。

普通のスクリーンショットの撮り方

一応普通のスクリーンショットのとり方を載せておきますぞ。

【Win】
[PrintScreen]・・・画面座全体をクリップボードにコピー
[Alt]+[PrintScreen]・・・最前面ウィンドウをクリップボードにコピー
[Windows]+[Shift]+[S]・・・指定範囲をクリップボードにコピー
[Windows]+[PrintScreen]・・・画面全体をピクチャフォルダに保存

【Mac】
[command]+[shift]+[3]・・・画面全体を保存
[command]+[shift]+[4]・・・指定範囲を保存
[command]+[shift]+[4]+[space]・・・指定ウィンドウを保存
※同時に[option]を押すと影無しスクリーンショットとなる

Winはクリップボードにコピー以外はうまくいかないことがある?
(うちのWinはクリップボードにコピー以外はダメ)

おむすび

とまぁ、
Win版なら使えそうという感じではあるが、そもそもそんなに使うかしら?と思わなくもない。

こんなのよりも、ショートカットを復活させてくれよ!

ちなみに、
Winの場合は、スクリーンショットを撮ったら、ドロップボックスに保存する設定にしておくと楽。
[PrintScreen]を押せば、勝手にドロップボックに保存されるので。

複数台使ってたり、Macも同時に使ってたりするなら、ドロップボックス保存をお薦めしますぞ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク