グーグルドキュメントで簡単に翻訳する方法を覚えちゃおう!【脱ワード】

この記事は1分で読めます

以前の話しではありますが、森のみんなに伝えたくって、

Googleスプレッドシートで翻訳できますぞー!!

的な記事を書いた覚えがあります。

で、だけれども、Googleスプレッドシートでできるということは、Googleドキュメントでも翻訳ができるので、やっぱり森の仲間たちに伝えたい!!

ってことで、今回書いていきますぞ。

準備

今回翻訳をする日本語文章はこちら。

平仮名だけだと何が何やらですが、ちゃんと変換すると、
「私が渡したタワシを手渡して」
という日常でよくあるシーンです。

翻訳しましょうそうしましょう

ということで、翻訳していきませう。

メニューから「ツール」内「ドキュメントを翻訳」を選択。

するってぇと、設定画面が表示される。

別途、新規タブにドキュメントが作成されるので、タイトルを入力し、翻訳したい言語を選択し、「翻訳」ボタンをクリック。

すると、翻訳されたドキュメントが別タブに出現しますぞ。

注意事項

おそらくだけど、グーグル翻訳を参照していると思うので、

1 見直しは必須

2 インターネットに接続されていないと、翻訳機能は使えない。

これはグーグルスプレッドシートでも同じでしたな。

インターネットを使いながら、グーグルドキュメントを使う人は多いと思うので、ネット環境は大丈夫だとは思うけど、見直し・手直しは必須であります。

おむすび

ということで、グーグルドキュメントでの翻訳のおはなしでした。

グーグル翻訳を開いたほうが早いのか、グーグルドキュメント上でやってしまうのが早いのか。

どっちもブラウザ上でやることだからなぁ。。。

コピペする必要がないってことで、グーグルドキュメント内でやってしまった方が早いとおもうだわよ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。