【LINEタンタン攻略】アプリ起動直後の必要のない連続画面表示のちょっとした時短ワザをどうぞ

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

タンタンを起動したとき、ステージ選択画面にたどり着くまで時間がかかる。

全部フルで表示させると50秒という大幅な無駄な時間が経過し、ムービーカットしたとしても20秒以上の人生において無駄な時間が経過してしまいます。

ということで、このくだらない流れを少しでも時短できるワザについて書いていきますぞ。

スポンサーリンク

ゲームができるようになるまでの流れを確認

とりあえず、ステージ選択画面までの流れを確認すると、

1 白画面(上の黒バーにTanTan)
2 LINE主張画面表示
3 neptune主張画面表示
4 オープニングムービー
5 データ読み込み画面
6 ロード画面
7 ステージ選択画面

というような流れ。

ほんと、4までは全部タップでカットさせてくれよん。

時短方法

で、一応、この1〜4をカットする時短方法があるので、その方法を。

時短方法は単純明快で、「Ready」画面、または「Start」画面のまま端末をスリープさせる。

この状態でスリープさせて、復帰させると、セッションタイムアウトとなって、

なぜか、1〜4がカットされて、5から始まり、時短成功なのであります。

条件あり

「Ready」画面、「Start」画面にしたけれど、ほかのアプリにしてスリープさせたらダメ。
あくまでも、スリープさせるときに「Ready」画面でタンタンアプリが一番上にしていないとダメってこと。

スリープから復帰したときに表示されるアプリ(画面)がタンタンであるということ。

おむすび

みなさん、タンタンのためにスマホを持っていると言っても過言ではないでしょう。
他のアプリなんか使わなければいいだけの話。

そのため、タンタンをやめるときは、Ready画面にしてからスリープさせて、復帰後の無駄な流れをカットしましょうね。

でも、Ready画面にするのに数秒かかることを考えると、、、、無駄、、、、?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク