Sixcoreに無料独自SSLが到来したのでやってみよう!【WordPress】

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

別にこのブログで、金を出してまでやる気はなかったけど、無料だったらやるよね。

やっちゃうんだよね。
やる気出しちゃうってもんだよね。

ってことで、その流れを書いていきましょう。そうしましょう。

スポンサーリンク

申し込む場所

申し込まないと進みません。

って、どこから申し込むんじゃい?
有料のはメンバー管理ツールにあるのに、無料のは存在せず。

サーバー管理ツールにログインすると、下の方にひっそりと搭載されておりました。

申し込む

ということで、申込みましょう。

セキュリティ項目の「SSL設定」をクリックして、SSL設定したいドメインを選択してからのー

「無料独自SSL追加」をクリクしてからのー

「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックして確定させましょう。

ブログなので、CSR情報を入力しません。

これで、申込み完了でごわす。

ひとまず天命が下るまで待ちましょう。

WordPressの設定

設定が反映されたら、次の作業に入りましょう。
「https」でアクセス可能になったら設定完了の合図。

設定変更中はブラウザ上でこの表示(httpsでアクセス)。

こっから先は設定が反映される前にはやらない方が良いかと。
設定反映前にやっちゃうと、反映するまでアクセスできなくなりますぞ。

まずは、WordPressの一般設定のURLを修正しましょう。

   ↓

「変更を保存」するのを忘れないで!

URLの変更

画像、内部リンク、外部リンクなどいろいろと「http」と記載しているところがあるはず。
それを一気に修正しようっておはなし。
この作業結構やってないとこ見かけますな。

WordPressなら「Search Regex」というプラグインを入れてやっちまいましょう。

インストール後、有効化するのを忘れないで!

有効後、WordPressメニューの「ツール」内に「Search Regex」が現れるので、クリックすると管理画面に。

SSL化前の自分のサイトのURLを修正するなら、
「http://naruo」 → 「https://naruo」
という感じ。

ほかも一気に修正するなら、
「http://」 → 「https://」
で「Search」して「replace & save」しちゃうのもありかと思う。

アンドゥはないので、注意。

これやっとかないと、URLに「!」がついてまって、セルのように完全体になれない切なさ。

ウィジェットなどにも「http」のままがあったりすると思うので、いろいろ見直しときましょ。

外部リンクの場合は、リンク切れになる可能性もあるので、これはプラグインの「Broken Link Checker」とかでリンク切れを確認しときましょ。

リダイレクト

あとは、リダイレクトの設定があるよね!とか思ったけど、sixcoreは自動?

いちおう正常に「リダイレクト」できてるかどうか確認できるツールがあるので、そちらで確認しときましょ。

リダイレクト 確認で検索どうぞ。

おむすび

設定反映まで40分ぐらいと意外と時間がかかったので、ハンバーグランチプレートなんかを作って、ゴミ箱に投げ入れるなどして、時間を有意義に使いましょう。

基本的な流れは、どこのサーバーでもやることは変わらないかと思いますぞ。

とまぁ、ここまで書いときながら、なぜ本ブログはSSL化していないのか。
やったのは、このブログじゃないので・・・。

ここやんの、めんどくせ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク