フルハウスのドラマ内で使用されている歌や曲を集めてみた(シーズン2第8話〜第22話)

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク

フルハウスを見ていると、いろいろと曲が流れるので、どんな曲なのか探して、まとめてみました。

 
ただし、なんとなくながら見をしていて、「あっ曲が流れている」と思ったときに書き留めているので、網羅されているかどうかは自信なし。
曲情報などが正確かどうかについても保証なしというのを前提でどうぞ。

抜けているのに気がついたら追加していきます。

ちなみに、”Amazon Prime”と”Spotify”でも探してみているので、掲載されているものは結果を載せていきますぞ。
それぞれ表記は

A・・・Amazon Prime
S・・・Spotify

としております。
(以上定型文であります)

今回は、シーズン2その2ということで、第8話から最終の第22話まで一気に駆け抜けますぞ。

では、どうぞ!

スポンサーリンク

シーズン2

第8話

◯買い物を終えて帰ってきたごきげんなダニーが歌うシーン
 素敵な曲であります。
 お手本のような曲であります。

曲名 To All the Girls I’ve Loved Before
歌手 Julio Iglesias

※S

◯トリプルデートの場にステフがやってきて歌うシーン
 再掲でいいかなと思ったけど、すごい気になる動画だったので、載せてみる。
 なんか不安になる。

曲名 If You’re Happy and You Know it
歌手 –

※A,S

第8話

◯ジェシーとジョーイがお出かけの荷物を抱えて入ってくるシーン
 クリスマス定番でありますな。
 素敵バージョンをどうぞ。

曲名 Sleigh Ride
歌手 Helene Fischer

※A,S

カーペンターズ版も聞いときましょう。
リチャードのピアノがにくいぜ!
曲名 Sleigh Ride
歌手 The Carpenters

※S

◯おっちゃんに怒られてないちゃったミシェルへジェシーが歌うシーン
 しかし、アストラッドさんは良い声をしておりますなぁ。
 素敵で印象的な曲になってるよね。

曲名 The Girl from Ipanema
歌手 Astrud Gilberto

※A,S

フランク・シナトラ版も聞いときましょうか。全然変わる。
曲名 The Girl from Ipanema
歌手 Frank Sinatra

※A,S

◯空港にてみんなでプレゼントを開けるシーン
 あんまり馴染みがないクリスマスソングだと思うのは自分だけか。
 でも、ふぁらららーのところは楽しいので、一緒にどうぞ!

曲名 Deck the Hall
歌手 –

※A,S


スポンサーリンク

第10話

◯ステフを慰めてみんなで歌うシーン
 素敵系、定番の良曲。
 最後の「the song」を一緒に上げて歌えたら満足しますきっと。。

曲名 I Write The Songs
歌手 Barry Manilow

※S

第11話

◯ダニー、ジェシー、ジョーイがミシェルへ子守唄をうたうシーン
 一番イメージに合うのはこれだったけど、後半盛り上がっていくので、子守唄としてはうるさいな。
 まぁ、まったりするにはいいかも。

曲名 Goodnight my love
歌手 Paul Anka

※S

第12話

◯DJとキミーがジェシーの機材を使って歌を録音しているシーン
 ジェシーが怒る気持ちは非常にわかる。
 勝手に機材を使われたら、キィィィ!ってなるから!
 時代的にあってるのは、このバージョンかな?
LocomotionなのかLoco-Motionなのか。

曲名 The Loco-motion
歌手 Kylie Minogue

※A,S

オールディーズは良いよねぇ。リトル・エヴァ版どうぞ。
曲名 The Locomotion
歌手 Little Eva

※A,S

ついでにキャロル・キング版を聞いてみると、オールディーズと現代の「間」を感じることができて、おもしろい。
曲名 The Locomotion
歌手 Carole King

※A,S

第13話

◯仕事でいないジェシーとジョーイの代わりにダニーがプレスリーの真似を教えようとするシーン
 やっぱりダニーは偉大。
 曲は2回目ですな。
 なんかカッコイイのがあったので、こちらをどうぞ。

曲名 Heartbreak Hotel
歌手 Elvis Presley

※A,S

第16話

◯ハーウィが恋しいミシェルを慰めるために一家が行動を起こすシーン
 その中でステフが歌ってる歌ですな。
 皆様はアレな感じの歌声を想像していると思うので、謎なテレビ番組をどうぞ。

曲名 Row, Row, Row Your Boat
歌手 Michael McDonalds

※A,S

第18話

◯くまたろうがバザーに出されてしまい、傷心のステフを慰めているときに思い出したパメラの歌
 なんかよくわからない歌だけど、アメリカの家は玄関のドアも開けっ放しだということはわかった。
 ミートボールかわいそうからのミートボールさんすごいという流れがわかりやすい動画をどうぞ。
 パメラを見られるのはココぐらいかな?

曲名 On Top of Spaghetti
歌手 –

※A,S

スポンサーリンク

第19話

◯寝ている誕生日のジェシーを祝いながら起こすシーン
 この曲は好き。
 誕生日っぽいのかと言われるとどうなのかな。

曲名 Birthday
歌手 The Beatles

※A,S

第20話

◯ジェシーがスマッシュクラブでタナー一家バンドと演奏するシーン
 この曲はロックなんだろうかと思っちゃうんだよな。
 曲調としてはかわええと思ってしまう。
 ダニーが楽しそうなのが一番です。

曲名 Do Wah Diddy Diddy
歌手 Manfred Mann

※A,S

◯ジェシーがスマッシュクラブでノリノリなタナー一家バンドと演奏するシーン
 テンポの早いのが見つからないよー。
 一番テンポが早かったのをどうぞ。
 DJがドラム叩けるようになっているのは成長と見るべきか。

曲名 BINGO
歌手 –

※A,S

第22話

◯ジェシーとベッキーがオシャレーなアリババホテルで結婚しようとするシーン
 劇中と同様、オルガンバージョンでいきましょう。

曲名 Bridal Chorus (Wedding March)
歌手 Wilhelm Richard Wagner

※A,S

◯式中、ジェシーとベッキーが相談するためにはけていくシーン
 劇中と同様、オルガンバージョンでいきましょう。

曲名 Wedding March
歌手 Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy

※A,S

◯ベッキーに振られて傷心のジェシーがホテルの部屋で呆然としているシーン
 きれいにはまる曲をありがとう。
 口笛が気持ちよくはまる。

曲名 (Sittin’ on) The Dock of the Bay
歌手 Otis Redding

※A,S

トム・ジョーンズがいいな。
曲名 (Sittin’ on) The Dock of the Bay
歌手 Tom Jones

※A,S

おむすび

という感じで、シーズン2は37曲と相成りました。
オールディーズ系のお勉強にはもってこいよね。

派生でいろいろと聞いてみると楽しいですぞ。

ということで、シーズン3へと進んでいきまっする!

みなさま、フルハウスを楽しんで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク