Macでウィンドウ切り替えのショートカットをいじりつつ法則を理解する!

この記事は2分で読めます

私、27インチのモニタを四分割して、その3箇所にChromeのウィンドウを割り当てております。

で、そのうち2つのウィンドウを行ったり来たりすることが多い。

いちいちマウスを持って、ぽちぽちやってたら効率が悪いってんで、ショートカットを極めましょうってお話ですぞ。

同一アプリケーション内切り替えショートカット

同一アプリケーション内ウィンドウの切り替えはショートカットで設定されております。
そのショートカットとは、「Command+F1」でございますぞ。

で、このショートカットって結構使うわけですわ。

そのくせ、「Command」と「F1」が遠すぎて、すっごい使いづらいので、変更しましょうそうしましょう。

そもそも、わたくしWindows用のキーボード使ってるし、karabinerでキー配列いじったりしてるので、「Command」+「F1」が効かないという始末だし。。。

アプリケーションやDockから「システム環境設定」を開く

「キーボード」をクリック

「ショートカット」→「キーボード」→「次のウィンドウを捜査対象にする」の右側をクリック。

するとショートカット変更可能状態になりますぞ

この変更可能状態中にショートカットを入力すると、そのショートカットに変更されますの

これで、ウィンドウの切り替えショートカットが簡単にできますな!

法則と逆順切り替え

ついでにウィンドウが切り替わる法則を覚えておきましょう。

ウィンドウ切り替えの基本法則

切り替わる順番は、ウィンドウを開いた順

例えば、3枚ウィンドウを開いたとして、そのウィンドウを開いた順番で、切り替わることを覚えておきましょ。

1→2→3→1→2→3
という流れね。

ウィンドウ切り替えのさらなる法則

で、
もう一つの法則があって、

一番前に来ているウィンドウから、切り替えが始まる

例えば、3枚ウィンドウを開いていたとして、今2番目のウィンドウを一番前に持ってきているのであれば、

2→3→1→2→3→1
という流れになるってことね。

ウィンドウ切り替えの応用法則

さらなる法則としては、

ショートカットに「Shift」キー混ぜ込めば、逆周りで切り替わる

例えば、3枚ウィンドウを開いていたとして、
あっしが設定している「Command」+「`」のショートカットを入力すると、1→2→3の順番で切り替わる。

そこに「Command」+「Shift」+「`」という感じで「Shift」キーを混ぜ込むと、3→2→1の逆の順番で切り替わっていくのですぞ。

おむすび

という感じで、さっくりと自分好みにショートカットを設定しておけばよろし。
さすれば、作業効率化に確実につながりますぞ。

少しでもマウスに手を伸ばす時間を少なくしていきましょー。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。